箸はともかく棒にはひっかかりたい

とある大学助教によるいろいろなメモ書き

科学/教育

研究費の不正利用は本当に防げるのか

「研究費の不正利用はよくないことである」 この認識は、多くの研究者間で共有されていることは紛う事なき事実であろう。一方で、研究費の不正利用は、毎年毎年、断続的に発覚、あるいは摘発され、ニュースになっている。 参考:研究機関における不正使用事…

オンライン講義をやってみた感想:教員が留意すべき(かもしれない)こと

こんにちは、ざわです。 新型コロナウイルスのアレでですね、やっぱりうちの大学院もオンライン講義を開催することとなりまして。何回かやってみた現時点での雑感などを記しておこうと思います。各位におかれましては「へぇ〜教員側(少なくともざわ)はこん…

拝啓、この春大学に入学したあなたへ

こんにちは。皆様、この度はご入学おめでとうございます。 今の時世ですと、せっかく入学した先でも、本来ならあるはずの歓迎会とか、開催して貰えなかったのかも知れませんが、その分、できる限り私が祝福します。義務教育、高校教育を無事に終え、各々の努…

日本の博士学生は本当に不幸なのか?〜お金について考える〜

どうも〜〜ざわこです。 科研費申請を乗り越えた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 先日出張で国外のとある大学に行ってきたのですが、博士課程学生が置かれている状況について、いろいろと考えることがあったので、ここに記しておきたいと思います。 …

博士学位論文(D論)をしっかり書いた方が良い理由

博士号を取得するためにやらなくてはいけないこと。それは「博士学位論文」の執筆です。 かねてより私は、この博士学位論文(通称:D論)に関して、納得いっていないことがありました。

大学における研究・雇用・教育と、お金の話。

大学総長と若手教員が意見交換できる場が設けられたので、参加してきました。若手教員を取り巻く現状、それに対する大学の方針、それを聞いた私の意見をまとめました。